楽器・機材

スネアのヘッド交換にT-Handle Drum Keyを使うと10倍速くなる

投稿日:

僕のメインスネアの1つ、Pearl Custom Classic "Legend" CLR1450ST 14"x5"

正式名称が長い。

深さ5インチのメイプル単板でカスタムクラシックと呼ばれてます。

2年ほど前にヘッド交換したばかりですが、コーテッドが剥げてきたのでヘッド交換しました。

僕的には2年で交換は早いですけど、リハ3回・ライブ1回で交換するドラマーもいます。

人それぞれですね。

で、これが交換前のヘッド。

剥げてしまってます。

テンションボルトを外すにはT-Handle Drum Keyが最高です。

普通のチューニングキーよりも10倍速くボルトを外せます。

これを買ってからヘッド交換が本当に楽になりましたからね。

一度使うともう戻れません。

普通のチューニングキーと比べてみました。

大きさが全然違います。

テンションボルトを少し緩ませた後に、両手で竹トンボを飛ばすように回すと一瞬で外れます。

これは全てのドラマーにオススメしたい便利グッズです。

そしてヘッドを外したらメンテナンス。

スネアのメンテはヤマハのパーカッションメンテナンスキットPOSTPD1がオススメです。

僕はスネアの塗装面、フープ、ラグをポリッシュとクロスで拭いて、テンションボルトにオイルを少し付けてます。

フープとラグはスティックの木屑が付いてるので、特に入念に拭きます。

張り替えるヘッドはいつものREMO コーテッド アンバサダー

色々使いましたが、僕にとっては1番最高のヘッド。

扱いやすいしチューニングも楽です。

約15分で交換完了。

スタジオへ持っていきチューニング。

実は新品のヘッドの音があまり好きじゃなかったのですが、最初からいい感じに馴染んだ音がする。

あれ?何か変わった?

いや、でもいつものコーテッドだし、これまでと違いはない。

うーん、不思議。

これなら頻繁にヘッド交換してもいいかもと思ってしまった。

やはり見た目が綺麗なスネアはいいですからね。

今週はレコーディングが2本入っているので、きっと大活躍してくれることでしょう。

↓↓↓ サウンドハウスで探す ↓↓↓

サウンドハウス

-楽器・機材
-

Copyright© 大佐ドラム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.