楽器・機材

録音にもライブ配信にも使えるデジタルミキサーとマイク

投稿日:2021/06/20 更新日:

最近は動画撮影やら編集に追われている毎日。

動画を1本仕上げると、また次の動画編集と締切がやってきます。

締め切りに追われる漫画家の気持ちが分かりました(笑)。

まあ楽しいからいいんですけど、たまにしんどくなります(笑)。

編集以外にもやるべき仕事は山ほどありますからね。

で、そんな動画関連のことをやってる毎日なので、動画用に新しい機材を購入しました。

デジタルミキサーとマイク

レコーディングやナレーションの収録、YouTubeのライブ配信で使用するためにマイクを物色。

そのマイクとMacを接続するためのオーディオインターフェースも合わせて物色しました。

購入したのはデジタルミキサーZOOM LiveTrak L-12LEWITT LCT440PURE

あとはシールドとマイクスタンド、マイクホルダーも購入しました。

LiveTrak L-12

当初オーディオインターフェースを探していたのですが、オーディオインターフェースを兼ねているデジタルミキサーがとても楽だという情報をゲットしたのでLiveTrak L-12をチョイス。

同じシリーズのLiveTrak L-8も考えましたが、15,000円ほどの価格の差しかないことと、LiveTrak L-12にはコンプが付いてるのでこちらをチョイス。

しかしこれメッチャいいいですよ。

よくよく考えてみたら、別にMacに繋げなくてもこのミキサー単体で録音できるしミックスまでできるので、これだけでレコーディングは完結できる。

もちろんオーディオインターフェースとしてMacに接続して使用することも可能です。

何よりこの機能でこの価格というのが信じられない。

僕が以前購入したオーディオインターフェースは、これより高かったけどあくまでもオーディオインターフェースだけでしたし。

最近のZOOMは凄いな。

LiveTrak L-12はレコーディングもライブ配信もこなせる凄いやつです。

LCT440PURE

コンデンサーマイクに関しては、いくらミュージシャンとはいえ僕も素人。

なので僕が最も信頼する友人のPAさんに質問。

リーズナブルで、配信にも楽器にもナレーション録音にも使えるコンデンサーマイクを教えて欲しいと無茶振りしました(笑)。

勧めてくれたのがLEWITT(ルウィット)のLCT440PURE

このマイクいいですね。

クリアだし抜けもいい。

高音の伸びも素晴らしいと思います。

しかもショックマウントと磁気ポップフィルターも付いてこの値段。

コスパ最高。

この価格帯ではかなり最強の部類に入るのではないかと思います。

まとめ

これでライブ配信や各種レコーディングにも対応できるようになりました。

特にLiveTrak L-12はライブ用での音源再生やイヤモニ用のミキサーにも使えますしね。

いやー、コスト面から見ると最高の買い物をしたと思います。

なお、これにスイッチャーを買えば複数台のカメラでライブ配信もできます。

ちなみにスイッチャーを買うとしたら、間違いなくBlackmagic Design ATEM Mini Proを選びます。

↓↓↓ サウンドハウスで探す ↓↓↓

サウンドハウス

-楽器・機材
-, ,

Copyright© 大佐ドラム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.