楽器・機材

TAMAの新ペダルHPDS1レビュー

投稿日:

どうも、ペダルマニアのドラマー山岡大佐です。

以前、YAMAHAの新ペダルのレビューをしたんですけど、ありがたいことにご好評を頂きました。

関連記事
YAMAHAの新ペダルFP9Dレビュー!

どうも、ペダルマニアのドラマー山岡大佐です。 これまで購入したペダルはPearl・DW・TAMA・SONAR。現在も5台のペダルを持ってたり。 そして基本的にすぐ改造します(笑)。カホン用のペダルは改 ...

続きを見る

なので、また新しいペダルを使ったらレビューをしようと思ってましたが、まあ正直そんな機会はなかなかない。

ないはずなんですが・・・。

いつものスタジオに行ったら、な、なんとTAMAの新ペダルDyna-Sync Series Single Pedal HPDS1が導入されているではないですか!

いやもうビックリですよ。YAMAHAのFP9Dを導入したばかりじゃんと思わずツッコミました(笑)。

というわけで、今回はTAMAの新ペダルをレビューです。

Dyna-Sync シリーズ

2019年に発売されたTAMAの新ペダル Dyna-Sync シリーズ。

・Single Pedal HPDS1 38,000円
・Twin Pedal HPDS1TW 84,000円

TAMA公式サイト Drum Pedals

TAMAのフットペダルで唯一のダイレクトドライブ。種類はシングルペダルとツインペダルの2種類。

TAMAといえばアイアンコブラですが、このシリーズはアイアンコブラではないようです。

HPDS1

僕が使用したのはシングルペダルのHPDS1。

デザインは非常にシンプル。ただ、ちょっとフットボードが野暮ったい。

そして、フットボードと踵の部分の連結が安っぽく感じてしまうのが残念。ペダルのデザインってこの連結部分が1番大切だと思うんだけどなぁ。

あぁ、もったいない。

カムの上部の距離を調整できるSlidable Cam。

真円タイプや楕円タイプのような調整が可能です。これはもう定番ですね。今やどのメーカーに採用されている機能です。

ダイレクトドライブは一切の遊びを排除。まさにダイレクトな感触。

ダイレクトドライブって好き嫌いがあると思います。苦手は僕なタイプ。しかし、そんな僕の考えを覆したのがこのペダル。

このダイレクトドライブは信じられないくらい踏みやすかった。

踏み込みが軽いのに戻りが速い。いくらダイレクトドライブとはいえ、この戻りの速さはちょっと信じられない。

と思ってフットボードの下を覗いてみると・・・。

答えがありました。それがこれ。

Sync-Coilというシステム。

これはペダルの戻りをアシストするシステム。これが想像以上に効力を発揮。

遊びのないダイレクトドライブとの相性は最高。これのおかげで踏み込みのスプリングを軽くしても戻りは速い。

思わず感動してしまった。

スプリングの場所を変えることで、踏み込んだ時のスプリングの強さを変えることもできます。

感想

実際に演奏してみました。

よくペダルが足に吸い付くと形容しますが、このHPDS1は本当に吸い付く。Sync-Coilのおかげで吸盤でも付いてるのかってくらい。

YAMAHAのFP9Dも恐ろしいほどスムーズでしたが、このHPDS1はさらに上を行きます。

これを使うと他のペダルは使えなくなるかもしれない。尋常ではない反応速度。マグネットコーティングかっていうくらい。

今まで使ったダイレクトドライブの中では最高の反応です。高速サンバキックなんかメチャクチャ踏みやすい。

チェーン派の僕ですら、このHPDS1に心を奪われそうになったほど。

僕のDW5000と比較。見ての通りHPDS1はロングボードです。

またこのロングボードが最高なんですね。どんな踏み方も受け入れてくれる。つま先はもちろん、足の裏全体でも踵からでもどんな踏み方も平気。まるで海のような広い存在。なんのこっちゃ?

ロングボードって普通は長い分重くなるけど、HPDS1はSync-Coilがあるから問題なし。

HPDS1を使ったら愛機であるDW5000のフットボードがピーキーで扱い辛く感じてしまった。

正直ロングボードのHPDS1が羨ましい。

まとめ

HPDS1はダイレクトドライブの最高傑作といっても過言ではないレベル。非常に高い完成度。

もし僕が今、新しいのペダルを1つ購入するとすればHPDS1を選ぶでしょう。

でももうこれ以上は機材を増やしたくないですし、Pearlユーザーなので購入しませんが・・・。(ペダルはDWを使ってますけど)

しかし、Sync-Coilは本当に素晴らしいシステム。

というか、僕がこれほどまでにHPDS1を気に入った理由の90%はSync-Coilかもしれない。

これを愛機DW5000に付けることができたらなぁ。

これ単品で売って・・・お!売ってる!さすがTAMA!ありがとうTAMA!

さーて、ドリルをポチッと。

↓↓↓ サウンドハウスで探す ↓↓↓

サウンドハウス

-楽器・機材
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.