楽器・機材

ドラムセットやシンバルスタンドのネジが固い時の対処方法

投稿日:

基本的にリハの時はスタジオのドラムを使用します。

自分のドラムセットを持っていくことは滅多にないです。大変だし。疲れるし。

ただ、スタジオのドラムセットというのは不特定多数の方が使用するので、お世辞にも良い状態とはいえません。

そして、シンバルスタンドやフロアタムの足とかのネジがキツ〜く、それはもう力一杯締められてることがよくあるんですね。

これほんとダメなんですよ。これをやってしまうと後は壊れるだけですから。

キツく締めるからネジが緩くなり、さらにキツく締めなければならない悪循環。そしてネジが切れます。

ドラムのネジは意外と脆いです。新品でも一発でネジが切れることもあります。

そもそも、そんなにキツく締めなくてもしっかり固定されるんですよ。なぜアレほどまでにキツく締めるのか。緩いネジに親でも殺されたのかと思うくらい。

スタジオに入って、前に使った人がこのキツく締めるドラマーだった時はもう大変。この固いネジを無理に回そうとすると指を痛めます。

そういった時はスティックで挟んで回すと指を痛めずに回せます。

ただ、正直僕はこれをやりたくないんですよね。スティックに余計な力をかけたくない。もちろんこれくらいで折れたりはしませんが。

それにスティックじゃ回せない狭い場所にネジがあったりします。

そういった時のために、僕はEasy Wingerというドラム専用のネジを緩める便利グッズを使ってます。冒頭の写真がそれです。

このEasy Wingerを常にスティックバッグに入れてますので、ネジがキツかったら無理せずこれを使ってます。本当に便利。

しかし、先日のリハではいつもと違うスティックバッグを持っていったのでEasy Wingerがない。結局手で無理やり回したら指を痛めるアクシデント。演奏中ずっと指が痛かった・・・。今も痛いし。もう最悪。

というわけで、いざという時のためにEasy Wingerは持ってた方がいいですよ。

まあ本来はキツく締めずに正しく使えば問題ないんですけどね。

スタジオのドラムとはいえ、自分のセットと同じように丁寧に扱って欲しいものです。

created by Rinker
drum gym
¥3,300 (2019/12/13 11:26:19時点 Amazon調べ-詳細)

-楽器・機材
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.