楽器・機材

ドラムの打ち込みは叩くよりも難しい

投稿日:2019/02/07 更新日:

この写真分かります?

どうも、最近カホンの出番が多いドラマーの大佐です。

先日もカホンでライブでしたし、明日も明後日もカホンでライブ。ドラムが本業ではありますが、カホンでも呼んでもらえて光栄です。ありがとうございます。

さて、久々にDTMでドラムを打ち込んでます。

打ち込むよりも実際に叩いてレコーディングした方が早いんですけど、それはそれで録音環境を整える方が大変という。まあドラムは繰り返しのパターンが多いので7割コピペでいけますけどね(笑)。

ただ、細かい表現だったりゴーストノートやボリュームコントロールは、やっぱり叩いた方が早い〜と唸ってます。

なので自宅のエレドラで録音できるように計画中。以前使ってたオーディオインターフェイスが今のMacに対応しなくなったので新しいものを物色しています。

USB-Cでざっと調べたら、2/28に発売されるPRESONUS Studio 24cがよさそう。ちょっと発売を待ってみようと思います。

というわけで、冒頭の写真はDTMのピアノロールでした。

PreSonus オーディオインターフェイス Studio 24c
PreSonus

サウンドハウス

-楽器・機材
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.