サポート

宮川彬良のせたがや音楽研究所#14 「マツケンサンバ」を大分析!に出演

投稿日:

先日の10/1、宮川彬良のせたがや音楽研究所#14 ~「マツケンサンバ」を大分析!~に出演してきました。

大ヒットしたマツケンサンバⅡはサンバじゃないと言われているそうで、それを作曲家である宮川先生自ら解説するというイベント。

で、このイベントに日本パーカッション界の神三沢またろうさん率いるサンバ隊の一員として参加させて頂きました。

僕はタンボリンという楽器を担当。

ライブ1ヶ月前に初めて触り、そこから猛練習して何とか形になりました。

1ヶ月でできるようになった自分を褒めたい(笑)。

それにしてもブラジル楽器は難しい。

というか、とにかくフィジカルが大事。

もうひたすら身体をイジメるというか、忍耐力の楽器でした。

僕はドラムだったら何時間でも叩いてられるけど、タンボリンは数分しかもたない。

本当にハードな楽器です。

でもせっかく覚えた楽器なので、これからも練習していこうと思います。

今後はサンバの需要もあるんじゃないかなと。

知らんけど。

なお、タンボリンは左手の回転が重要です。

なので特に左手が死にます。

本気でやるなら本当に忍耐力が必要です(笑)。

created by Rinker
CONTEMPORANEA
¥6,270 (2022/12/09 10:52:39時点 Amazon調べ-詳細)

-サポート
-, ,

Copyright© 大佐ドラム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.