うだうだ日記

Final Cut Pro使いはVrewの自動書き起こしが最強

投稿日:


動画はFinal Cut Proで編集してます。

自分で言うのなんですが、毎日使用してるのでそこそこのスピードで使えると思います。

動画編集の手順は録画内容全確認 → カット割り → エフェクト → テロップ → BGMという流れ。

最も時間がかかるのがカット割り。

1回全部見たあとに大きくカット → 細かくカット。

そしてテロップを打ちながら最終的な調整をしてます。

ですので、収録時間が長ければ長いほどカットの時間がかかります。

ただ時間短縮の方法もありまして、その1つは操作。

ボタン割り当てあるトラックボールにすると操作は劇的に速くなります。

次に時間がかかるのがテロップ。

先日、Premiere Proに自動書き起こし機能が付いたので試しに使ってみました。

確かに自動でテロップは作成されますが、Final Cut Pro派の僕としてはPremiere Proへ乗り換えるほどの魅力は感じなかったです。

でも自動テロップを使えば作業は効率化できるのも確か。

ということで、別の自動書き起こしVrew(ブリュー)を使ってみました。

これの良いところはFinal Cut Proのファイルで書き出しが可能な点。

これメッチャ便利。

試しにやってみたら、書き起こし精度はPremiere Proと同じくらいでしたが、書き起こしの時間がメッチャ速い。

25分の動画で5分もかからず完了しました。

Premiere Proなら30分〜1時間以上はかかると思います。

そしてFinal Cut Pro形式で書き出せば、そのままFinal Cut Pro上で編集が可能。

これは最高。

カット割りが完了した時点でVrewで自動書き起こし → Final Cut Proに移して編集。

そうすればFinal Cut Proで登録しているフォント・色・大きさに一瞬で変更できます。

これで作業時間の短縮が可能。

また動画編集が楽しくなりますな。

やったぜ。

ただ、Vrewは1ヶ月90分まで無料。

それ以降は有料なのかよく分らない…。

1ヶ月90分とか超えるような気がするんだけど…。

以前も書いたようにFinal Cut Pro実装されるであろう、自動書き起こしを待つしかないか。

関連記事
Final Cut Proにボタン割り当てトラックボールとアプリ Pasteを使うと超最強

動画はFinal Cut Proで編集してます。 Premiere Proもインストールしてるけど、尋常じゃないほどのバグがあり使い物にならない。 でも新しく動画編集する人には、絶対Premiere ...

続きを見る

-うだうだ日記
-,

Copyright© 大佐ドラム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.