うだうだ日記

登山に憧れるドラマーが高尾山に登ってきた

投稿日:

どうもこんばんは。旅するドラマーの山岡大佐です。

実は登山に憧れてます。登山やってみたいドラマーです。

僕の周りでは登山ドラマーをチラホラ見かけます。やっぱドラマーってストイックな 変人 人が多いと思うんですよ。

僕の先輩ドラマーなんかガチの登山やってますし。

以前その先輩に「登山に興味あるんです」なんて伝えたら一緒に行こうと誘ってくれましてね。

喜んで行こうと思ったら、2泊3日のテント泊で1日20kmくらい歩くとか、わけの分からないことを言ってて「あぁ、先輩は遠くに行っちまったんだな」と涙を流したものです。

というわけで、今回は登山素人の僕にピッタリの山、トーキョーが世界に誇る高尾山へ行ってきました。

実は高尾山に登るのは3年ぶり3回目です。

え?先輩の誘い?断りましたよ(笑)。

コース

高尾山はケーブルカーやリフトで途中まで登れます。

最も難易度の低い1号路は舗装されてるので、普通のスニーカーや、ぶっちゃけサンダルでも登れます(サンダルはやめた方がいいけど)。

しかし、稲荷山コースや6号路という本格的な登山も楽しめるコースもあります。

今回は上りが稲荷山コース、下りが6号路の予定です。

稲荷山コース

稲荷山コースの上りの所要時間は90分が目安。

以前は70分ほどで登ってましたけど、今回は3年ぶりなのでゆっくり登ります。

まずは電車で高尾山口駅へ行き、そこから歩いて10分程の稲荷山コース入口へ。

さあ、登山スタートです。

行程を写真でドドン。

写真を見ての通り、稲荷山コースは意外としっかり登山できます。

そして最初と最後は特に辛い。

スタートから400mくらいは階段と坂が続き、調子に乗ってペースを上げてると早々に疲労が溜まります。

途中からなだらかになり、最後の最後で地獄の階段200段が待ってます。

この写真が最後の階段。登りながらStairway to Heavenが聴こえたものです。

登頂!

200段の階段を登りきって山頂に到着!

高尾山厳冬期無酸素単独登頂成功!しかも無補給(水買うの忘れただけ)。

いやー、途中で水を買ってないことに気付いて焦りました。

これが夏だったら死んでましたね(笑)。いやほんと。

高尾山の山頂は面白いですよ。

ガチの登山装備で登ってきた人達もいれば、ケーブルカーで来た普段着の人たちもいて、なかなかカオスです。

僕は登山メーカーの本気トレッキングシューズを履いてきましたが、そこら辺にいた大学生っぽい子達はオシャレなスニーカーだったりね。

意外と若い子や外国人がケーブルカーで、年配の方がガチ装備で登山の印象です。

まあ登山って年配の方が多いですからね。

山頂そば

山頂ではそばを食べるのが僕的ルール。

朝から何も食べてなかったので、おにぎりがセットになった山菜そばを注文。

1,200円。高いけどこれが山価格。

なお、空腹で、しかも水も飲まずに登山とか絶対ダメですよ。決してマネしないでくださいね。

僕は特殊な訓練を受けてるので大丈夫なのです

山頂からの景色

この日は雲ひとつない快晴で、とても見晴らしが良かった。

八王子や新宿・池袋方面もバッチリ見えました。

富士山は見えない、・・・と思っていたら隣りにいた外国人が「フジサンミエタヨ!」と叫んでる。

全然見えないヨ。

あーそうか、彼は富士山と別の山を間違えてるんだ、と思いつつ太陽の下辺りをよーーーーーく見ると・・・。

本当に見えた!!

あの外国人何者だったんだ?

視力6.0くらいあるんじゃね?(笑)

6号路

山頂を堪能したので下山します。

帰りは6号路。川沿いを歩くコース。

マイナスイオン出まくりの癒やしコースです。といっても、こちらもなかなか本格的なコース。

下りの6号路の所要時間は70分が目安。

でも普通に歩けば60分くらいで下山できます。

それでは下山の風景を写真でドドン。

前々日に降った雪も少しだけ残っていたり、なかなか楽しい。

山の自然はもちろんのこと、最近は枯れた草花とか寂れたモノとかの撮影にハマってて、そんな写真なんかも撮りながらゆっくり下山。

16時頃だったので、すれ違う人もいなくて快適。

結局、下山に90分もかかりました。

野鳥

そうそう、野鳥がいたら撮影しようと望遠レンズも持っていったけど、遭遇した野鳥はコジュケイだけ。

鳴き声が「チョットコイ。チョットコイ」と聞こえる鳥。

他の野鳥ももうちょっと見られると思ったけど残念。

マムートマン

買ったばかりの新品のトレッキングシューズがドロドロになってしまった。

まあでもこうやって馴染んでいくので、これもまた勲章。

ちなみに、服装としては長袖の速乾シャツの上に半袖のシャツ。

そしてマムートの厚手のスエットパーカーに、アウターはマムートのゴアテックス ジャケット。

パンツは普通のチノパン。中にラッシュガード。

靴下はモンベルの厚手の靴下。

帽子はマムートのニット帽。

シューズはマムートのトレッキングシューズ Ducan High GTX。

気付いたら全身マムートマンでした。やべえ、妖怪マンモス男だ(笑)。

なお、歩いてる最中は上りも下りもジャケットはほぼ脱いでました。冬とはいえ意外と暑かったです。

妖怪マンモス男の疲れ切った顔(笑)。

まとめ

今回は比較的早く下山したので所要時間はトータルで4時間ほど。

冬の高尾山は初めてだったけど想像以上に快適でした。

夏と違って虫もいないし。人も少ないし。

また冬の間に登りたいと思います。

ちなみに、このブログを登山の翌日に書いてますが、ふくらはぎが筋肉痛です。

しかし、バスドラを踏む筋肉に効いてるような気がする。

もしかしたら登山をするとドラマーはバスドラの音量が大きくなるかもしれません(笑)。

はっ!ドラマーが登山やるってこの理由なのか!?

撮影機材
・Nikon Z7
・Nikon Z6
・NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
・AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
created by Rinker
Nikon
¥310,000 (2020/04/05 03:06:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Nikon
¥219,000 (2020/04/04 15:03:11時点 Amazon調べ-詳細)

-うだうだ日記
-,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.